シミやくすみを消して透明感ある美肌へ変身|皮膚科へ相談

横を見る女性

医薬品での治療が人気

鏡を見る女性

皮膚科でのシミ治療ではレーザーや光治療がありますが、最近ではレーザーや光治療のように痛みや炎症のない外用薬や内服薬による治療に人気があります。これらの医薬品はシミの種類によって皮膚科の専門医が処方するもので、有効成分が高濃度で効果も高く口コミ評価も上がっています。また保険適用も可能な場合があります。

View Detail

憧れの美肌の為に

ウーマン

シミに悩んだら皮膚科で治療を受けたりシミ取り化粧品を使う事が良いです。初めて行く場所や使う物は不安なので口コミなどで評判を確認すると安心です。病院と化粧品のどちらを選ぶとしても効果を得る為には情報を集める事が大切です。

View Detail

無いにこした事はない

顔のシミ

見つけるとなぜか落ち込む

若い頃は、夏になると海に行き山に行きと、活発に外で動き回り、特に子供の頃は、真っ黒になるまで遊んだ人も多いと思います。少し大きくなると部活動などでまた真っ黒になるなど、私たちが生活していく上で日焼けはある程度避けられないものでもあります。しかし、日焼けをした後に待っているのは何年か後のシミの出現という女性には嬉しくない事実です。シミは、長年浴びて来た紫外線が年齢を重ねる事で肌の表面に出てくるものであり、誰にでも現れるものではあります。しかし、アウトドアが趣味だったり人よりも紫外線を多く浴びている人達は、シミの数も多く出て来ます。日傘を差したりサンバイザーをつけたり、日焼け止めを塗ったり、アームカバーをするなど、そもそも日に当たらない工夫も大切です。ですが日焼けをした後でも、適切な処置をする事でシミの発生を防いだり、薄くする事ができます。シミには、有効な成分があります。それはビタミンCやアルブチン、ハイドロキシン、プラセンタエキスなどです。美白化粧水と呼ばれる化粧水に、多く含まれる成分です。これらの化粧水を顔につけることでシミの発生を防ぐ効果が期待されます。一度つけるだけでなく、一日に何度もつけたりコットンパックなどをする事でより浸透が高まり、効果が期待出来るというメリットがあります。

セルフケアだけでなく

餅は餅屋ではありませんが、やはりシミのことは専門の皮膚科に相談する事がベストです。行こうとしている医院によっては、予約が取りづらかったり予約しても待ち時間があるなどありますが豊富な診療経験を持つ皮膚科医に診察してもらう事で、自分のシミがどのようなものなのか、またどのような治療が効果があるのか知っておく事は必要です。一言に、シミといってもシミの原因も違えば現れる症状も違い、対処の方法も違います。シミは何種類かに分ける事ができます。老化による老人性色素班や頬に広がる肝班、そばかすや炎症性色素沈着など種類は様々あります。日焼けの後に美白化粧水などでセルフケアをしていても、シミの種類によっては皮膚科で処方される外用薬や内服薬の方が効果が出ることもあります。薬として処方されているので、化粧水や内服液の成分の含有量なども違います。そして、自分で化粧水を買うよりも金額的に安くすむこともあります。皮膚科で何らかの薬を処方された場合、健康保険が適用されることもあるからです。初診料や診察料に薬代など、お金がかかるものはかかりますし、健康保険が適用されないものもありますので、皮膚科で相談してみると良いと思います。

誰でも美しくなれる

医者の女性

私は子供の頃からずっと悩まされてきた、シミとそばかすを美容皮膚科で治療を受けて、消すことができました。美白化粧品を使い続けるよりも、美容皮膚科へ行った方が、効率よくシミを消すことができるので、おすすめです。

View Detail

老け顔を卒業できる

笑顔の女性

できてしまったシミは皮膚科で治しましょう。レーザーやフォトフェイシャル、肝斑なら内服薬などで治療できます。どこを受診するかが問題です。通いやすいよりも、どんな治療を行っているのかで決めたほうがいいでしょう。

View Detail

Copyright© 2015 シミやくすみを消して透明感ある美肌へ変身|皮膚科へ相談All Rights Reserved.